貴水博之貴水博之
浅倉大介とのユニットaccessのヴォーカルとして1992年シングル「VIRGIN EMOTION」でデビュー。他の追随を許さないハイトーンヴォイスでリリースするCD全てがヒット、スーパーユニットとして注目を集め、2ndアルバム「ACCESSⅡ」で日本レコード大賞ベストアルバム賞受賞、3rdアルバム「DELICATE PLANET」でオリコン初登場1位を獲得し、NHK紅白歌合戦出場を果たす。全国ツアーや新曲配信など、精力的に活動中。 また貴水博之として1995年、シングル「I&I」でソロデビュー。 TVアニメ『Get Ride!アムドライバー』主題歌「SILENT MOON」やアニメ・キッズバラエティ『しまじろうヘソカ』挿入歌「サン!サン!サマー!」など幅広く活動しながら、2000年からは『LOVE LETTERS』、『BOYS TIME』、『LITTLE SHOP OF HORRORS』、『銀河英雄伝説』、『私のホストちゃん』、『モンティ・パイソンのSPAMALOT』他多数のミュージカルやストレートプレイに出演し、新しい魅力を開花させた。 2016年10月から2017年8月まで放送された『仮面ライダーエグゼイド』に檀正宗/仮面ライダークロノス役で出演。圧倒的な存在感を放ち、恐ろしさの中にも色気を纏う悪役を見事に演じた。挿入歌「Wish in the dark」「JUSTICE」も担当。その後、2018年上映・リリースされたVシネマ「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」に出演。〈PartⅢ〉仮面ライダーゲンムVSレーザーでは主題歌「Believer」を担当。2021年には東映特撮ファンクラブオリジナル作品『仮面ライダーゲンムズ -ザ・プレジデンツ-』に出演し、主題歌『GAME CHANGER』を担当する。